タゲリな家族の里山暮らし 日常を彩る食卓を中心に  最近は子供の成長日記に  ある日は突然の旅モード  役立つ情報はごくまれです
by bar_vanellus
検索
フォロー中のブログ
Network >>>
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:観鳥的瞬間( 6 )

八幡川河口
d0028272_9263392.jpg


なぜか鳥見なう。
[PR]

by bar_vanellus | 2011-01-15 09:24 | 観鳥的瞬間
久しぶりの鳥見
チビが生まれてから鳥見になかなか行けなくなりました.
あ,そういえばまだ3ヶ月の時に臥龍山の観察会に連れて行ったか(笑)
あの頃はまだ動き回らなかったから,逆によかったなぁ...
(と,昔のブログを久しぶりに見てたいへん懐かしい思いに...)
d0028272_5384869.jpg

さて,今回はkanさんご夫妻と,防府から来られたまーさん、こざる隊員さんと
ご一緒させていただきました.講師役は我々の鳥見師匠である三好さん.
備後地方の冬のエッセンスをサラリと回っていただくはずが...
d0028272_5392615.jpg

いきなりケアシノスリ(Buteo lagopus)と出会ってしまった(笑)
写真はカラスに追われている様子ですが,尾の基部が白く太めの黒帯という特徴が分かります.
何か小動物を狙うホバリングも格好良かったなあ...
ほかにも,お約束のタゲリやトモエガモ,ヨシガモ,オシドリ集団,ミコアイサ,ウミアイサなどなど...
d0028272_539998.jpg

でも一番嬉しかったのは,こうして鳥見を皆さんでご一緒できたことです.
チビも最後までよく遊ばせていただきました.
これを機に,チビを連れての鳥見をもっと積極的にしていきたいですね.
[PR]

by bar_vanellus | 2008-01-06 23:59 | 観鳥的瞬間
お初キク様!
kanworksさんから「キクイタダキ,いただき!」との突然のお電話に正月気分も吹っ飛びました.
バタバタと身支度をして合流した場所は,意外に近郊の渓流沿いのヒノキ林.
そして,皆で歩き出してすぐに,主役のお出迎え.
私ニョルは憧れのキク様に呆気なくお会いして,言葉を失ったのでした.

しかも,その後小一時間散策して,何羽観察できたことでしょう...
ここはキク様の楽園なのでした.しかも,最後の最後には,2,3メートルの至近距離に
サービスで来てくださったキク様.
TAMRON 18-200mmのレンズでも,ピン甘ですが一枚だけそのお姿を比較的良好に
捉えることができました(トリミング有り).モヒカンの黄色もよく見えます.
d0028272_20295425.jpg


kanworksご夫妻には,心から感謝いたします.楽しかったです.また誘ってくださいね.
[PR]

by bar_vanellus | 2006-01-03 20:31 | 観鳥的瞬間
新緑のブナ林で鳥見&撮影
 早朝から,かんさんご夫妻とあらきさんと共に,苅尾に登り,鳥見&撮影をしました.
 林道では,いきなりオオルリが出迎えてくれ,さらにはミソサザイも顔を出してくれました.そして何とアカショウビンの声も近くの谷から聞こえてきます.今年も来てくれたのね.
 さらに8合目からブナ林内を進むと,コルリの機関銃(by かんさん)が聞こえてきます.姿は結局きちんと確認できませんでしたが,かなりの数が来ているようですね.

 さて,今回の主目的は,かんさんからお借りしたSigmaの170-500mmが自分達のスタイルに合うかどうかでした.実際,ゴジュウカラやシジュウカラなどをがんばって撮ってはみたものの...全部ブレブレ...(泣)というわけで,お見せできる鳥の写真はございません.

 特に,自分達は双眼鏡と両方首にぶら下げて,持ち替えたりしていたわけですが,これではどちらも中途半端になってしまうどころか,体力もかなり消耗してしまいます.
 でも,それ以前に,大切なことを再認識できました.それは,やはり自分達は,機動力を生かして観察をメインに鳥見をしたいということ...
 もちろん,時には,カメラでしか捉え語ることのできない瞬間を待ってみたいとも思うのですが,両方を同時に満足するのは,これまでの体験から,かなり難しいと言えそうです.

 いろいろご指導いただきましてありがとうございました.今後も何かと試してみますので,アドバイスよろしくお願いします>かんさん
d0028272_2020266.jpg

[PR]

by bar_vanellus | 2005-05-04 23:59 | 観鳥的瞬間
今年もキビタキに会えました
 翌朝,ほの明るくなると同時に目を覚ましました.周囲はすでに野鳥のさえずりに満たされています.おっと,少し寝過ごしたかと思いましたが,鳥たちはどんどん元気になっていきます.やはり,鳥たちにとって,まだ少し朝は寒いのでしょうか.
 少し歩き出すと,少し遠くから,澄んださえずりがテンポ良く聞こえてきます.今年初のキビタキ!どうやら高台の広場から聞こえてくるようです.思わずその方向に走り出してしまいました.
 高台に登ると,いきなりキビタキが5mくらい先の枝に止まっています!.双眼鏡では近すぎるくらいです.いきなりこんなに間近でご対面できるとは...と興奮して観察していると,50m四方くらいの広場の周辺の木々をグルグルと繰り返し渡りながらさえずっています.
 どうやらこの広場を縄張りとしているようです.キビタキ内だけでなく,時々ひやかしにくるシジュウカラを一生懸命追い払っています.渡ってきたばかりだと,まずは種間の競争のほうが大変なのかもしれません.
 ということで,キビタキくんとは,その後3時間以上遊べたのですが,日が高く暖かくなるにつれてどんどん高い樹冠の先に行ってしまい,カメラも用意していたのですがなかなか思うように撮れませんでした(泣)

Canon EOS Kiss DN+Tamron 28-300mm(300mmで撮影, トリミングあり)
d0028272_19335879.jpg

[PR]

by bar_vanellus | 2005-04-30 07:00 | 観鳥的瞬間
なんなんだ一体...
お昼休み,会社内を散歩with EOS KISS DN+Tamronしていて,何気なく空を見上げたら,なんだか違和感を感じました.
バーダー歴が長くなると,パッと視界に入っただけで,「アレ?なんだか変わったのがいる」と直感するようになります.
今回も,遠目でなんとなくトビではないことを瞬時に直感し,カメラを構えていました.
こんな時,役に立つのがコンパクトズームですね.
写真は少しトリミングしているし,逆光だったのもあってぼやけてますが,特徴は掴めたと思います.
それにしても,なんでこんなところに...と思いつつ,日常的にこんな鳥が観察できる今の会社は最高の立地だなあと嬉しくなるのでした.
d0028272_324304.jpg

[PR]

by bar_vanellus | 2005-04-28 23:59 | 観鳥的瞬間