タゲリな家族の里山暮らし 日常を彩る食卓を中心に  最近は子供の成長日記に  ある日は突然の旅モード  役立つ情報はごくまれです
by bar_vanellus
検索
フォロー中のブログ
Network >>>
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

プチ反省会
d0028272_2259175.jpg

移住して半年が過ぎつつあります。
何ができて、できなかったのか…
ひとり常温で飲み頃の、よなよな…
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-28 22:59 | 不憂暮日
いいお酒♪
d0028272_2122632.jpg

いい仕事されてます(笑)
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-25 21:02 | 不憂暮日
源泉掛け流し
d0028272_1322831.jpg

露天でいいお湯、しかも自分で温度を調整できる。
こんな貸し切り温泉に出会えてウレシイ…
けど、遠い…(>_<)
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-23 13:22 | 不憂暮日
リベンジ
d0028272_20545823.jpg

GWの敵を秋分の日で討つ(笑)
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-22 20:54 | 不憂暮日
プチ観察会
d0028272_19135040.jpg

水面を滑って逃げるのがカワイイ!
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-22 19:13 | 不憂暮日
〆コーヒー
d0028272_23215583.jpg

昨日は飲み過ぎたので、ラテで〆ました(笑)
あー、この店いい豆使っているのが分かります。
プレスしてもらって、もう一杯お持ち帰り。
うん、いいお店だ。
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-21 23:21 | 不憂暮日
炙りもつ鍋
d0028272_20305766.jpg

超濃厚です(^^ゞ
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-21 20:30 | 不憂暮日
久しぶりの…
d0028272_209588.jpg

ごまさば!(笑)
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-20 20:09 | 不憂暮日
名月と篠笛
d0028272_4491264.jpg


前後しますが,連休中は珍しく遠出せず,近所をウロウロ...
というより,近所に興味深いイベントや人が多すぎて,
ちゃんと回ることすらこなせていない現状ですが...

14日の中秋の名月には,吉川元春館跡で行われた
神楽笛・篠笛奏者ことさんのコンサートに行ってきました.

まずは会場のスケール感と雰囲気に感激しました.
すぐ近くで蕎麦を何度もいただいているのに,館跡に登ったのは初めて(汗)
首里城を想い出させる重厚な石垣と,広大な芝生の平面,そして粋な計らいの
竹キャンドルが期待感を高めてくれました.

ことさんの笛は,演目に合わせてさまざまな種類を吹き分けておられました.
代表的な神楽の演目もありましたが,童謡など馴染みのある演目もあり,
最後のアンコールの「故郷」は,チビも正座で聞き入っていました(笑)

澄んだ笛の音に誘われて名月も顔を出し,素晴らしいお月見コンサートでした.
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-19 05:41 | 不憂暮日
久しぶりの映画館〜そしてコーヒー論考へ
d0028272_14303858.jpg

ひとり、どうしても観たい映画を見に来た。
そして、皆さんに観てほしいと強く感じた。
詳しくは、また…

---------------------------------------------------------

そう,その映画とは,「おいしいコーヒーの真実」です.
まずは,日本公式サイトをご覧ください.

途上国の特に貧困に喘いでいる地域の子供たちの現状に,今までになかった,
胸が締め付けられるような感情を率直に持ちました.
同時に,今の世界の市場メカニズムが正常に機能していないのを再認識できました.

もちろん,もともとの社会経済史的な背景を考えれば,ずっと以前から
搾取に近い似たような悲惨な状況はあったのかもしれません.

けれども,アメリカはもちろん日本でも目立つ一部のカフェサービスの
世界的繁栄(最近はその成長モデルも限界になりつつあるようですが)が
映画での途上国の貧困や苦悩をさらに際立たせているように思えます.

特に,「エコ」,「オーガニック」,そしてこの映画のキーワードでもある
「フェアトレード」ですら,元々の概念を巧みに利用して,単純な商売に
結びつけようとする動向が出てくることが問題を余計に複雑にしているようです.

そうした構造によって,何気にオーダーした一杯の「おいしい」(しかも何だか
環境にイイらしい?またはお得な?)コーヒーが途上国の生産者とその子供たち
をさらに苦しめることに間接的につながるなら,これほど悲しいことはありません.

一方で,既に一企業(グループ)として取り組まれているsmileさんblog記事
でも触れられていますが,生産者と販売者が一定の「ルール」で,品質に見合う
価格を正常に決定したうえで,その適正価格をベースに,消費者に高品質な商品を
提供するという活動が進められています.(映画でも具体的に出てきます)

このような「ルール」付き市場メカニズムの再構築は,突き詰めれば,
良好な「顔の見える関係」に帰着するのかもしれません.

ということで,長々と論じてみたくなるくらい,おすすめの映画であります(笑)

追伸:映画のエチオピアの集落の景観がとても美しかったのも印象的でした:)
[PR]

by bar_vanellus | 2008-09-15 14:30 | 不憂暮日